宗像市・古賀市・福津市・福岡市・北九州市・遠賀郡・宮若市・直方市で弁護士との法律相談ならIK法律事務所

福岡市・宗像市・北九州市などで
トラブル解決・法律のご相談なら
IK法律事務所
TEL 0940-32-2212

相続手続きに関する紛争で、兄弟姉妹がバラバラになってしまうことは珍しいことではありません。 当事務所では、できる限り遺産相続手続での紛争を予防したいという思いで、 相続についてのご相談を受けております。 そして、被相続人の方が亡くなられる前にご相談いただけるのが、一番の予防方法になります。 お身体が悪く外出することができない、または入院していて外出できないような場合、 当事務所の弁護士・スタッフが無料で出張いたしますので、お気軽にご相談ください。

ご親族がお亡くなりになった際、遺産をどのように相続すればよいのか? 遺産をめぐって争いになることは珍しいことではありません。 当事務所は、遺産相続手続きについて、遺産の調査から遺産分割協議・名義変更まで、 争続を避けるために総合的にお手伝いいたします。

近年、相続問題のトラブルは急激に増加しています。 この問題・トラブルを避け、家族の「絆」を守る方法として最も有効なのが、遺言書です。 多かれ少なかれ、遺産について誰がどの割合で何を相続するかを話し合う際には 気持ちのすれ違いが生じます。 あなたの死後、相続を円満に行える様に、ぜひあなたの「気持ち」を遺言書として形に残しましょう。

当事務所は、専門家として公正証書による遺言書の作成をお勧めしております。 公正証書は、厳格な手続きにより作成されるため、非常に高い信用性があります。 また、公証役場でも保管されるため、紛失の危険がありません。

さらに公正証書による遺言書があれば、ご遺族は遺産分割協議の必要がなく、 預貯金の引き出し・名義変更や、不動産の名義変更が容易に行うことができます。 公正証書による遺言は、ご家族に不要な争いを避けるだけではなく、 煩雑な手続きから解放する方法でもあります。

遺言書作成のご相談については、ご相談者様のご自宅・福祉施設・病院等までお伺いいたします。 (出張費はいただいておりません。)

遺産分割手続きに際して、まず最初に行わなければならないことが、 相続人の調査、及び故人がどのような財産をもっていたかの調査です。 思いもよらない相続人がいらっしゃる場合もありますし、 遺産を同居のご親族が隠してしまうことも珍しいことではありません。 適正な相続手続きを行うために、まずはしっかりと遺産の調査を行うことが必要です。 当事務所は、徹底した遺産調査により、きちんと遺産の把握を行います。

当事務所の実績の一例 被相続人(父)と同居していた兄は相続財産は1000万円程度と主張していた案件では、 調査の結果、約6,500万円の財産を把握いたしました。

調査の結果、遺産が明らかになったら、次に行わなければならないのが 誰がどの財産を相続するのかを決める遺産分割協議です。 相続人間で協議を行いますが、話がまとまらない場合は、 裁判所に対して遺産分割の調停・審判を申し立てる必要があります。

遺産の分割内容が決まったら、実際に分配をしなければなりません。 預貯金や有価証券の名義を変更するか、現金化して受け取るかの手続きが必要になります。 また、不動産であれば登記の名義を変更しなければなりません。

相続財産の中に、被相続人が住んでおられた古い家屋等がある場合、 それを維持するだけでも相当な経費がかかります。 古い家屋を賃貸にした方がいいのか、売却した方がいいのか、壊して駐車場等にするのがいいのか、 当事務所には、専門のコンサルタントが相続財産の運用についてもご相談に応じます。 また、当事務所は内外装の施工業者と直接提携しておりますので、 通常の工務店に依頼するよりも安く仕上げることができます。